LOGO/MARKS

コーポレートロゴ
ブランドロゴを
つくります

はじめに

なぜ正しいロゴマークが
必要なのかreadmore

 ビジネスを円滑に行う上で、企業のアイデンティティを表現して、サービスを可視化することは不可欠です。企業やビジネスのコンセプトを明確に表した力強く美しいロゴマークは、ひとの記憶にとどまります。会社のアイデンティティを表現したコーポレートロゴは働く人たちの共通意識を生み出し、社会に対して会社の存在と輪郭を認識させることができる大切なツールです。
 人はイメージに左右されやすく、受ける印象によって消費行動を喚起する場合があります。なぜなら人は誰でもビジュアルデザインに慣れ親しみ、ロゴマークやデザインを見れば、これまでの経験値のなかでそれが信頼できるかそうでないか、興味が沸くかそうでないかを瞬時に感じることができるからです。つまり正しい姿と形をしたロゴマークが企業のイメージや商品のクオリティの優劣を印象付ける重要な戦略ツールになるのです。

閉じるボタン

chapter1

競合他社に対して
優位性を高めるためにreadmore

 あなたの業界を眺めてみると、御社のコーポレートロゴやブランドロゴは他社と大きな違いがあるでしょうか? もし違いが無いとすれば、それはサービスの内容が類似しているためか、ビジネスのコンテンツに対するイメージが同一で共通の方向に向かっているのかもしれません。しかし、その同調が正しいかどうかを見極める必要があります
 提供するサービスが他社とは異なり優れたポイントがあるならば、類似したロゴデザインでは同一と見なされて、せっかくのキャラクターを確立することができません。
 世の中に投下するサービスを明確に表現し、企業のアイデンティティをひとびとに伝えるロゴは創造できます。もう一度、優位性や個性を見直しませんか?

会社の輪郭と顧客を明快化するロゴデザイン
  • 株式会社 木の香の家ロゴ
    株式会社 木の香の家
    www.kinokanoie.com
  • 株式会社木の香の家 株式会社NAon 代表取締役 堀 直寛様
    株式会社 木の香の家
    株式会社 NAon
    代表取締役 堀 直寛様
閉じるボタン

chapter2

お客様に信頼と安心を
与える
ロゴデザインreadmore

 もし、コーポレートロゴやブランドロゴが非常に独創的で、他社との差別化は明確になっていても、売上や認知度があがらなければ成功とはいえません。そのような状態にあるならば、サービスや商品自体に改善の余地があるか、ロゴやイメージが消費者にとって共感が得られないかを考察してみませんか?
 前章でセールスポイントやコンセプトを踏襲したロゴマークで他社との相違を表現することは優位性を高めるとしましたが、あまりにも独創的で先鋭的な表現は、人々に疑問と懐疑心を抱かせる場合もあります。もしくは興味の獲得すらできず、マイナスの影響が生まれるのも事実です。
 時に斬新なロゴは不思議な希望や期待を感じさせることもありますが、今一度改めてロゴデザインの姿形、カラーが良い影響を与えているかを見直してみてはどうでしょうか。

伝統を守り、未来を見つめる
閉じるボタン

chapter3

課題を解決させる
ロゴデザインの導入readmore

 ロゴデザインやイメージを刷新するタイミングは、
a)時代や世代の変化に伴う刷新。
b)新サービスのためのイメージの創造。
c)新ブランドの訴求のため。
d)競合他社との差別化を図るため。
e)既存ロゴマークのリニューアル。
e)共感があり、高い親和性を目指すため。
f)企業やブランドの格をあげるため。
などの課題解決のためにロゴデザインを導入します。
ロゴマークは企業やブランド、サービスの考え方、取り組み方、コンセプトを表現した図形ですが、表面的な変化に対する満足だけでは結果につながりません。組織全体の意識の改革や商品やサービス向上に対する取り組みが必要です。これらの課題に対して正確にヒヤリングを行い解決に向かうため、そしてよりよい方向へ導くこともロゴデザイン導入の役割でもあります。

閉じるボタン

chapter4

成長性を止めない
組織のためのロゴマークreadmore

 挑戦や改善、アップデートを日々求められる現場や企業において、ともに働く人々に対して企業理念の共有を計り、生産性を高めたりロードマップを共有し、よりチャレンジを重ね進化していくために、コーポレートロゴのリニューアルやブラッシュアップは様々な企業でも取り入れられています。
 また時代背景やIT、AI化の変化に対応していくのも大切です。人材募集のためやブランドの信頼性をあげるために会社のプロフィールをホームページやSNSで広く公開することが一般的な中、御社のコーポレートロゴやブランドロゴは、様々なSNSやバナー広告に最小サイズでも認識されるでしょうか? その切りとられたロゴや縮小された図柄は、本当にロゴとして共通のイメージを配信できているでしょうか?
 デザインも年を重ねます。その時代に合ったアンチエイジングを施して、新鮮さを保つことで企業の継続性や持続性を高めることもできます。

時代とともにアップデートしていく会社とロゴマーク
  • 株式会社エイチーム Ateam Inc.ロゴ
    株式会社エイチーム Ateam Inc.
    http://www.a-tm.co.jp
  • 株式会社エイチーム 執行役員 社長室 室長 光岡昭典様 社長室 コーポレートコミュニケーショングループ アシスタントマネージャー 尾崎美鈴様
    株式会社エイチーム
    執行役員 社長室 室長 光岡昭典様
    社長室 コーポレートコミュニケーショングループ
    アシスタントマネージャー 尾崎美鈴様
閉じるボタン

chapter5

これからの企業や経済、
コミュニティを
表現するためにreadmore

 少子化や高齢化の進む日本では、社会や環境の変化とともにビジネスにも変化が伴っています。新しい取組みを応援する仕組みのクラウドファンディングによって社会的意義のあるプロジェクトが立ち上がったり、ビックデータを使ったIT化で人に寄り添うサービスを市場に取り入れたり、これまでの産業とは異なる文化やコミュニティにもロゴデザインは共感と共生を表すツールとして有効に働きます。
 多くのユーザーをターゲットにしたビジネススキームから、個人やコミュニティをターゲットにしたサービスがITの登場によって、ビジネスが働き方が大きく変化しています。共感される考え方や姿勢が、愛される会社や働き方、サービスには必須です。
サインやシンボルが古来より各民族の共通の認識をうながしてきましたが、これからはより親和性や共感性の高いサインやシンボルが一層求められていきます。これからの未来に合った相互コミュニケーションの助長となるデザインシンボルをつくりませんか?

閉じるボタン
矢印お問合せ

クライアントの事例をご覧下さい。

◎お問合せから完成まで
矢印お問合せ